キャリーの飛行機ファッションとYohji Yamamoto帽子

キャリー達が飛行機でアブダビに向かうシーン。
彼女達のファッションもさることながら、VIP飛行機の様子もゴージャスで楽しめましたね。
あんなにゴージャスな空の旅なら、飛行機嫌いの私でも楽しめそうです。
そして、やっぱりVIPクラスの旅にはVIPなファッションが必須。

20100527SATC2fashion02-1.jpg

最初見たときには「なんだあの帽子は?」って思いましたけどね。でもコレがとっても素敵に見えるのは、さすがキャリー・ブラッドショー。
この帽子がYohji Yamamotoのデザインなんです。そう。日本が誇るかのY's やYoji Yamamotoのデザインなんです。かっこいいな。選ばれる方も選ぶ方も。
ちなみにこのドレスはノーマ・カマリ。ハンドバッグはイブ・サンローラン。ブレスレットはSolange Azagury-Partridge(また読み方すらわかりません)。靴はジュゼッペ・ザノッティです。正確なお値段はわかりませんけど、きっとお高いですね、どれもこれも。

パトリシア・フィールドのアシスタントであるモリー・ロジャースさんによると、この帽子はサラ・ジェシカが気に入って選んだものだそうです。『サラは帽子の部屋に入ると、穴があいていたりデストロイ加工されているものに惹かれるのよ』だそうです。このYohjiの帽子もちょっと難ありだったようなのですが、サラがとても気に入ったので映画で着用することになったようです。
一見銀紙で作った幼稚園のコスチュームに見えなくもないですけど、サラが被るとなんかかっこよく見えるのが不思議ですね。
posted by キャリー・ブラッドショー at 11:38 | Comment(0) | SATCファッションガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SATC2カラオケシーンのキャリーのジーンズ

映画SATC2でカラオケのシーンがありましたね。
あれには私もびっくりしました。
砂漠のGメン75シーンもそうでしたが、「このシーンに一体どんな必然性が??」って思ったんです。
プロ・アマ問わず、アメリカでの映画レビューでもこのシーンはなかなか辛口の評価が多く「あの『痛い』カラオケシーン」と書かれているのを何度か目撃しました。

sex_and_the_city_2_13.jpg

とはいえ、ファッションはやっぱり素敵でしたね。
私が一番気になったのはもちろんキャリーのファッションでしたけど、レビューではシャーロットのブラックラメドレスがかなり高評価でした。

まずキャリーのファッション。
全体を彼女お得意のヌードカラーでまとめ、かっこいいブロークンジーンズと派手なラメスカートをかっこ良くあわせていましたね。
あのジーンズ、カッコいいな、って思った人多いと思います。
私もその一人なんですが、彼女が着用したことでググッと人気急上昇になったそのジーンズメーカーは
CLOSED(クローズド)
ヨーロッパのブランド(ドイツかな?)らしく、お値段もそこそこですよね。
残念ながら日本にはまだ上陸前のようですが(多分)、アメリカではかのエッジィなデパートBarneys New Yorkで購入できます。
このジーンズは、サラ・ジェシカが映画の撮影前に彼女自身が発見し、スタイリストがCLOSEDに電話をかけ5ー6本取り寄せたものに、ラメやラインストーン、ダメージ、ブリーチなどを施して作成したそうです。つまり、あのジーンズはこの世にたった一本しかないというわけですね。
ちなみに、かっこよくジーンズの上から着用しているスカートはおシャネルだそうです。高そうですねー。

SATCKaraoke.JPG

私も欲しい、このジーンズ!

このシーンで着用された衣装の中で、またひときわ目立っていたのがサマンサのイガイガ付きまっかなドレスですが、これはNYのデザイナーPhillipe and David Blondが作成したドレスです。
スタイリストのパトリシア・フィールドがフィリップとデビッドと一緒に飲んでいるときに、もうパジャマに着替えていたアシスタントを真夜中に呼び出し、「フィリップが着ているこのドレス、サマンサにピッタリよ!」とイチオシしたんだそうです。
イチオシはいいんですが、何故フィリップさんが真っ赤なドレスを着ていたのか?それは真実なのか?それともフィリップという名前の女性なのか?
直接パトシリアさんに聞いてみないことには、ちょっと真相は闇の中ですね。

ちなみにこのカラオケシーンで使われたお衣装の総額は、50万ドル以上と言われています。高級アパートが買えてしまいますね。
内訳の一部ですが、キャリーのジーンズが$4000、シャネルスカートが$47190、サマンサの赤いドレスが$5000なんだそうです。(あとの45万ドルは何なんだろう?)
20100518_satc2_560x375.jpg

posted by キャリー・ブラッドショー at 04:01 | Comment(0) | SATCファッションガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SATC2ブラッドショーな帽子?

映画の最初から登場する、ゲイウェディング。
実はここのシーンが一番ジーンと来たんですけど、皆さんはいかがでしたか?

このゲイウェディングで、スタンフォードが用意したキャリーのネームプレートに
"Carrie Preston" と書いてあるのを見たキャリーがちょっと複雑な表情をしたシーンがありましたね。
「何か問題でも?」
と訊くスタンフォードに
「……ううん。ただ“ブラッドショー”じゃない自分にまだ不慣れなだけ」と笑顔を見せたキャリー。
コレは3年目の危機か?(2年ですけどね)なんて思わせるシーンでしたけど、そのセリフの後キャリーが取り出した帽子(というか冠?)が素敵でした。
それがコレ。

SJPLacePiece.jpg

ゲイウェディングだからか?ベストマン(?)のキャリーがタキシードに合わせて被ったレースの冠帽子です。
"Well, This is Bradshaw"『これはブラッドショーよね』
と言いながらこの帽子を取り出して来たとき、「それを被るんですか?タキシードに?」って思いましたけど、さすがキャリー。
被ってみせた瞬間「あら素敵!」と思いました。
コレ。
パトリシア・フィールドのオンラインショップで予約販売していたんですが、今現在ソールドアウトのようです。
さすがSATC。人気爆発です。
ちなみに予約販売価格は400ドル。定価は600ドルなんだそうで、一つ一つ手作りなので、オーダーしてから発送まで4−6週間かかるようですよ。
私も一つ欲しいけど、どこに着用して行けば良いのかわかりませんね。

LaceQueenDIS.jpg
posted by キャリー・ブラッドショー at 13:53 | Comment(0) | SATCファッションガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。