シャーロットがロケ先で病気になったって?

今日はちょっとしたSATCトリビアをご紹介しますね。

SATC2についてテレビでインタビューを受けた、サラ・ジェシカ・パーカーとシャーロット役のクリスティン・デイビス。
このときサラがロケ先でクリスティンが病気になったエピソードを暴露しました。

ロケ先はもちろんアブダビ……のフリでロケをしたモロッコです。
ここでクリスティンが病気をしたんだそうです。
どんな病気かというと、多分『お腹を壊した』んですね。それもかなり酷く。もちろんクリスティンご本人は『お腹を壊した』とは言いませんでしたけど。

クリスティン『本当にベッドから起き上がれなかったのよ。でもみんなに知られたくなかったから、アーロンにテキストメッセージを送ったの』

ちなみにこの“アーロン”とは、サラJPのお兄さんだそうで、彼は映画のクルーとして働いていたようですね。私は初耳でした。

クリスティン『アーロン、ドクターに電話してもらえないかしら。ベッドから出られないの!ってテキストを送って、二人だけの秘密にしたのよ』

サラ『すっごく具合が悪くなってものすごくお腹を壊した時は、暖かいミルクをのまないとダメよね』

クリスティン『ちょ、ちょ、ちょっと待って待って!そこまで全部言わないでっ』

サラ『誰もあなたとは言ってないわよ。私はあなたが変な咳をしてたって言っただけよ(笑)』

というかわいらしいやりとりがありました。

さてここで、ちょっと英語のレッスンです。

『すっごく具合が悪くなってものすごくお腹を壊した時は、暖かいミルクをのまないとダメよね』
っていうセリフですが、オリジナルのサラちゃんの発言はこんな感じです↓。

"Apparently," Parker added, "If you're very sick and have a very serious intestinal issue, you just need warm milk."

編集者のセンスもあると思いますが、遠回しにして面白おかしく友達の『下痢』(とはっきり書きましょう)をからかっている粋な言い回しですよね。こういう言い方、英語ではとっても多いです。
二人の仲の良さが伝わってくる、良いエピソードでした。

8524D48DF80A215A740E93C2E6D5B.jpg

こんなシーンが見られるSATC2!ああ、楽しみですね!
次回は、このシーンの衣装のお話です。お楽しみに。
posted by キャリー・ブラッドショー at 07:25 | Comment(0) | SATCナイショのゴシップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。