SATC2ブラッドショーな帽子?

映画の最初から登場する、ゲイウェディング。
実はここのシーンが一番ジーンと来たんですけど、皆さんはいかがでしたか?

このゲイウェディングで、スタンフォードが用意したキャリーのネームプレートに
"Carrie Preston" と書いてあるのを見たキャリーがちょっと複雑な表情をしたシーンがありましたね。
「何か問題でも?」
と訊くスタンフォードに
「……ううん。ただ“ブラッドショー”じゃない自分にまだ不慣れなだけ」と笑顔を見せたキャリー。
コレは3年目の危機か?(2年ですけどね)なんて思わせるシーンでしたけど、そのセリフの後キャリーが取り出した帽子(というか冠?)が素敵でした。
それがコレ。

SJPLacePiece.jpg

ゲイウェディングだからか?ベストマン(?)のキャリーがタキシードに合わせて被ったレースの冠帽子です。
"Well, This is Bradshaw"『これはブラッドショーよね』
と言いながらこの帽子を取り出して来たとき、「それを被るんですか?タキシードに?」って思いましたけど、さすがキャリー。
被ってみせた瞬間「あら素敵!」と思いました。
コレ。
パトリシア・フィールドのオンラインショップで予約販売していたんですが、今現在ソールドアウトのようです。
さすがSATC。人気爆発です。
ちなみに予約販売価格は400ドル。定価は600ドルなんだそうで、一つ一つ手作りなので、オーダーしてから発送まで4−6週間かかるようですよ。
私も一つ欲しいけど、どこに着用して行けば良いのかわかりませんね。

LaceQueenDIS.jpg
【SATCファッションガイドの最新記事】
posted by キャリー・ブラッドショー at 13:53 | Comment(0) | SATCファッションガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャリー着用『あの』ディオールドレス

セックス・アンド・ザ・シティーのファッションを語るとき、絶対にはずせないのが真っ赤なヘアで有名なパトリシア・フィールド。
彼女が語ってくれました。
このドレスです。

gallery_main-sarah-jessica-parker-sex-and-the-city-dior-dress-09052009-32.jpgsjp.jpg
"John Galliano for Christian Dior Newspaper Dress"

そう。
クリスチャン・ディオールの『ニュースペーパードレス』です。
皆さん、どのシーンでキャリーがこれを着用したか覚えていますか?

Screen-shot-2009-09-08-at-11.36.35-PM.png

不安そうなキャリーの表情。
そうです。シーズン3のエピソード43。
キャリーがBigの元妻(当時は妻でしたね)のナターシャに、ビッグとの不倫関係で彼女達の結婚生活をメチャクチャにしてしまったことを謝りに行った時に着ていたドレスです。

パトリシアによると、ディオールのドレスはとても象徴的なものがあるそうで、シーズン1でBigがナターシャを選んでさってしまったことを改めて思い知ったキャリーが、プラザホテルの前でたたずんでいた時に着ていた白いドレスもディオールのものだそうです。

SATC2でキャリーが彼女のアパート前の階段を駆け下りてくるシーンで、このドレスが登場した途端、映画館では『オーあのドレス……』というため息と歓声が観客席からドっと湧きました。
みんなよく覚えているんですね。

ちなみにこのとき着用しているパンプスは、もちろんルブタン。
素敵なレースブーティーサンダルですね。

ori_4fb3aad9bcc444.jpg
posted by キャリー・ブラッドショー at 10:44 | Comment(0) | SATCファッションガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SATC2砂漠シーン

古い話で恐縮ですが、セックス・アンド・ザ・シティー2の砂漠シーンを見たとき、私の頭に浮かんだのは『Gメン75』でした。

1-3.jpg
『Gメン75』古すぎる……

Sex-and-the-City-2-001.jpg
SATC2砂漠シーン。似てるでしょ。

Gメン75はともかく、この『必要なのか?』と疑問に思わざるを得なかった砂漠シーンで4人が着ていた衣装。実際に着用できるかというと、このコーディネートでは絶対無理だけど、バラけると意外に使えそうなお洋服でした。
詳細なブランドを全て網羅するのは無理だったのですが、意外や意外、結構コンサバなブランドを使っていたんですよ。
それは、キャリーが着ているゴールドのターバンと白のハーレムパンツと白のドレス、そしてサマンサが着ているゴールドのハーレムパンツ。
これは全部ラルフ・ローレンの2009年春夏コレクションだそうです。

そして、これもちょっとしたトリビアですが、サマンサが被っているクレオパトラ風の帽子は、実はパトリシア・フィールドがシャーロットのために用意したものだったんです。
パトリシアはシャーロットの美しいダークヘアがまるでクレオパトラのようだと思い、前髪を切ってこれを被るように言ったそうです。シャーロットが前髪を切るのを嫌がったのかどうかは謎ですが、結局彼女はテンガロンハットのような帽子を被り、パトリシアはサマンサに「これを被ってみてちょうだい。あなたのブロンドにぴったりだと思うわ」って言ったそうです。
ダークヘアにぴったりだと思って用意した物を、ブロンドにぴったりだわって言って被らせるところはさすがパトリシアですね。
そして、「あら素敵」といってそれを素直に着用するのもサマンサぽくて素敵。

そうそう。
ウエディングのシーンでミランダが着ていたドレスも、実は当初サマンサのために用意したものだったそうです。
コレがサマンサには細すぎたそうで(パトリシアは『キム(サマンサ)は細いのよ。でも骨格が大きいの』ってフォローしてましたけどね)、ミランダがフィッティングルームに入って来たときに彼女に試着させてみたところ、コレがとってもとても似合ったそうで、彼女の体型にサイズを合わせ、ミランダの衣装と決定したそうです。
すでに映画を見た人にはどのドレスのことかすぐわかりますね!
いまのところ、公開されている写真にこのドレスは無いようですけど、また見つけたらアップします。

次回は『懐かしいあのドレス』です。お楽しみに。

sex_and_the_city_2_movie4.jpg
もういっちょ、砂漠シーン。ああ、やっぱりGメン75だわ。



posted by キャリー・ブラッドショー at 12:07 | Comment(0) | SATCファッションガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。